車を売却するときに、車検が切れていてどうしたらいいんだ

車を売却するときに、車検が切れていてどうしたらいいんだろう?と思うことがあります。車を少しでも高く売ろうと考える場合、車検に出す方がいいのではないかと思うかもしれません。しかし、それは間違いなのです。
たとえ車検に出しても、それに見合うほどの買取金額や査定額の上乗せは望めないのです。

車検が切れた状態で査定に出した方が総合でみてお得なのです。


よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう程度の軽い傷やへこみなどは、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、あまり気にすることはありません。明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったり目でハッキリ分かるへこみがある場合、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、それを回避するために個人で直したとしてもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。


車を売る時、エアロパーツのことが心配でした。純正のエアロパーツに気に入ったもの皆無だったので、社外パーツを搭載してしまったため、査定額の低下は覚悟していました。でも、多数の買取、査定業者に出張査定を申し込んだら、エアロパーツをプラス評価してくれた業者もあって、言う事のない査定価格を見積もらせてもらえました。改造車というのは中古車査定では不利と言われますが、一概にこうだと言い切ることはできません。例えば改造パーツが流行りの品物であったり現在も人気が高いのなら査定はプラスになるでしょう。ただ、残念ながらパーツの劣化が激しい場合は修理や撤去の必要もあり、業者としては手間がかかりますから、その分だけ減点されるはずです。

ほかに、斬新すぎたり極端な外観のものも売りにくいものとして敬遠され、持ち主がかけたコストにかかわらず減点になります。減点対象は少ないほど良いので、改造車は極力ノーマルの状態にして査定を受け、市場ニーズのあるパーツはカスタムショップやオークションで売ると良いでしょう。


車の売却についての一連の流れを説明すると次のようになります。売却の第一歩は査定です。まず査定サイトで車のデータを登録し、実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。



それから現物を業者から派遣された査定士が判定し、買取金額の提示となります。

必要に応じて金額アップの交渉などを行い、OKなら正式に契約します。引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で代金が支払われます。支払いは振込が一般的です。父が十四年間乗った愛車であるワゴン車を買い換えようと考えていました。

知り合いのズバット業者の方に、父が車を見せると、年数もずいぶん経っているし、劣化しているところもあるので、廃車にする方が良いと言われてしまい、買い取ってはもらえませんでした。
ただ廃車にすると諸費用がかかってしまうので、父はワゴン車を買取業者に引き取っていただきました。いつにもまして念入りに車内の掃除をしたり、前もって洗車して磨き上げたところで、掃除状況は業者によるチェック対象ではないので査定額は変わらないです。

しろうとレベルでの掃除ぐらいは後々業者の手で行うことも可能なのですから、無理もありません。


しかし掃除が無意味だと言う人は少ないです。


査定時に車がきれいだと、車が好きで丁寧に乗っていたと思うのが普通です。点数をつけるのは担当者ですから、第一印象が取引にプラスの効果を与えることは充分考えられます。
金額的なことだけで考えれば、オークションはあなたの車をより高く売ることができる可能性はないとは言えないでしょう。

車を買い取る業者というのは、販売予定額よりも安い価格で車を買い取り、店舗での販売を行うなどオークションに出品されることになります。
でも、オークションに出したところで、出品するための費用だけがかかってしまって落札されないことも考えられます。
どんなこともそうですが、準備さえ怠らなければ査定時直前になって慌てなくて済みますし買取額が増える可能性もあります。
準備というと大げさな気がしますが、車内外の掃除は不可欠です。
ノーマルなら問題ありませんがパーツをいじっている車は、可能な限り純正パーツに交換しておきたいものです。
ほとんどの業者の査定では純正パーツの車は一般的に高値がつくからです。

最後に、もしなるべく短時間で売却したいという時は、契約に必要な書類等を先に用意しておくのも有効です。ところで、車の年式や状態によっては、査定額がつかない事もあります。発売から10年以上経過し、長距離の走行が認められたもの、自分好みに改造を施したもの、劣化が著しいもの、動かない事故車などに至っては値段をつけてもらえないことが多いようです。
買取業者によってはこうした事故車や動かない車だけを取り扱ってくれるところもあります。



劣化の進んだ車は専門に取り扱ってくれる業者に査定してもらうのが良いですね。

ヴォクシー 値引き